KIXカードと5年後の君たちへ (勤儉誠信創新)

最近、所用にて鹿児島へ出かけました。家内と2人です。

 

飛行機の出発時間は14:00だったのですが、2時間前には着いておきたいとの希望で、11時30分に自宅を出ました。ところが、非常に重要なカードを持参していない事に気づき、取りに戻りました。

高速に乗る前でしたので、高速代はかかりません。たとえかかったとしても、取りに戻っていたと思います。それは“KIXカード”でした。先日、友人の一人よりKIXカードの素晴らしさを聞き、入会し実際に使用し、その良さを実感していたからです。買い物をすれば10%の割引、駐車料も割引がきくのです。但し、免税店のお菓子の割引は出来ません。

 

家内が“伊丹からですよ、関空ではありませんよ。”と説明するのですが、“分かっとる。関空には行かない。”と自信を持って答え、伊丹空港へと向かいました。以前、伊丹なのに関空に到着し、乗り遅れたことがあったからです。

伊丹空港の空港駐車場です。“ム・ム、ここは伊丹だ。KIXカードが使えない。なぜ関空ではないのだ?”当然の疑問が生まれました。家内に言いましたら、“伊丹ですよ、関空ではありませんよ。”と何回も云ったとの事、唖然としました。一途に思った思い込みでした。愕然としました。

 

家内は大笑いです。私は悲嘆にくれました。絶望の淵にいる落ち込みです。

家内が気にして、“気にすることはありませんよ。良くあることですから”と慰めてくれるのですが、“良くあってたまるか。”と思い、口も開きません。仏頂面です。そのうち、この頃こういう思い込み過ぎる事が増えてきたなと気づきました。もちろん良い思い込みもあります。

 

昔は、こんなことはなかった。あっても10日ぐらいは落ち込んですぐに復活していました。5年前はこんなことはなかったのになあ、と昔の事が懐かしく思われます。

 

現在、63歳ですが、5年前は58歳です、その5年前は53歳で、その前は48歳、誠晃貿易を設立したのが、31年前です。1984年です。32歳でした。その時に63歳の自分を考えた事はありませんでした。今回の思い込みで社員の君たちの事を思いました。30年前に子供が生まれ、生計を立て、家族のため仕事をし、収入を増やし、社員が入社し、社員とそのご家族のためにも仕事ばかりしていました。

もちろんゴルフもするし、一杯飲みに行くこともありました。

仕事を一つ一つ取り組みながら、いろんな人と出会い、そのご縁を大切にして、可能性を育てて頂いたと思っております。仕事には自分を成長させる大きな可能性があります。たくさんの出会いがあります。仕事との出会い、人との出会い、情報との出会い、友人、家族との出会い、真面目に真剣に誠意をもって、育てながら、そのめぐり合う可能性をつかんでください。それは君たちの持っている大きな可能性を広げ、将来の豊かな未来に繋がります。大きな可能性を君たち一人一人が持っているのです。

その出会いのご縁を、そして自分を大事に育ててください。

 

誠晃貿易も31年目を迎えようとしています。これからも家族の為に、そして社員の為に、そして顧客の皆様、社会にお役に立てるよう成長していきたいと考えます。君たちのこれからの5年後を思ってください。5年後の基礎をこれから作っていきます。5年後の自分達の為に今、何が必要なのかを考えてください。そして、5年後、10年後の心豊かな未来の為に一つ一つ努力を重ねていってください。私はその努力を応援していきます。

 

ところで、旅行の顛末ですが、鹿児島から伊丹空港に到着し、駐車場へ向かいました。なんとKIXカードが使えたのです。もちろん10%割引きが出来ました。思い込みが激しくても使えたのです。KIXカードは伊丹空港でも使用できるのでした。

私も家内も大変な喜びようです。特に私は大の得意顔です。この調子ならば、5年後の自分にも期待が持てそうです。楽しい旅行をさせて頂きました。家内に感謝します。

 

IMG_3552

[2008年2月に訪れた雲南省羅平の菜の花畑です。]