追悼式 (勤儉誠信創新)

2月2日の11時50分、取引先である台湾の禎祥食品工業股份有限公司より張夢蛟会長の追悼式のお知らせが届きました。

2月6日午前10時より高雄市の佛光山南屏別院にて厳かに式は行われました。

小生は参列し、ホテルの福華大飯店に戻り、このコラムを書いております。

生前の張会長のお人柄のごとく、真面目な華美でなく、心のこもった立派な追悼式でした。喪主の張晁禎先生、奥様の李貞慧女士、ご遺族の皆様に心よりお悔み申し上げます。

 

参列させて頂きながら、故張夢蛟会長との38年前からのお付き合いが走馬灯のごとく思い出されました。

仕事との取り組み方、営業日誌の書き方、取引先との付き合い方、営業のフォローの仕方、作戦と戦略と戦術、教えて頂いた事は数えきれません。

港式清蒸石斑魚のおいしい食べ方、酒家での“北国の春”、そして高雄のサウナで偶然お会いしたこと、40周年の時に連戦さんとご一緒させて頂いた事、思い出はつきません。小生にとっては大事な恩師でした。

一緒に仕事もさせて頂きました。良き勉強と経験になっております。

禎祥食品のみなさんとご一緒にやらせて頂きました、福建省での鰻工場の立ち上げ、蘇州工場への参加、感謝致しております。

30年前、1984年、小生が創業する際に張会長に相談し、弊社の名前である誠晃貿易株式会社の命名も頂きました。また、現在の場所に会社を移転した際には、“勤儉誠信創新”の額を台湾よりお送り頂きました。大事にいたしております。

本日、追悼式の回顧録ビデオの中で同じ額を事務所に掲げられ、仕事をされておられる張夢蛟会長のお姿がありました。

 

今日、誠晃貿易株式会社が仕事をさせて頂いているのも、色々なご縁の積み重ねの賜物と思っております。張会長に厚く御礼を申し上げます。

頂いております“勤儉誠信創新”を社員一同、これからも大事にしてお客様のお役に立てるよう、努力し成長して参ります。

 

張夢蛟会長ありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたしますとともに、禎祥食品グループのさらなる発展をお祈りいたします。安らかにお休み下さい。

O

2015年2月6日

高雄・福華大飯店にて