正月 (日本の四季)

昨年の師走に「明日は円高」と書きましたが、今年も円安です。

1月5日は1ドル120.40円です。弊社もこの円安によって損失が発生しています。

「明日は円高」と期待しますが、円高ではありません。今日、決断し、今日、為替の予約をしてしまいます。たとえ「明日は円高」であったとしても、それが自分の欲との付き合い方です。自分でコントロールし、今日、自分で決定しなければなりません。明日は自分の期待であり、予測です。明日の予約では、自分のコントロールが出来ません。今日、やってください。今、やってください。そうすれば、次に進めます。

 

さて、正月です。

謹賀新年。   新しい夜明けです。

気持ちを一新し、今年も精進し、良き年としていきたいと思います。

 

昨年は多くの災害がありました。正月の文藝春秋に立花隆さんのコラムがありました。その中に“「台風は会いたくない親戚がくるようなものだ。」と気楽にかまえるマインドも必要だろう。災害にしなやかに対応できるという意味での新の強靭化社会を築かねばならない”という旨の記述がありました。

日本人の心の有様は、日本の四季から生まれるものと思います。

 

この春夏秋冬の変化の多い美しく厳しい四季の中で日本人の精神が育まれ、鍛えられ文化が作られていきます。災害を起こす厳しい台風とも上手に付き合い、予測、予防し対策をたて、大きな災害を回避していくことができます。実際に昨年の9月29日の大型台風18号の被害は死者5名、行方不明者2名、重軽傷者72名、住宅の被害は2,875戸で、また10月3日の台風19号では死者3名、重軽傷者94名、住宅の被害は358戸でした。大きな被害ではありましたが、世界の人々が驚くほど上手に付き合っていると思います。

 

この変化の多い厳しい日本の気候と付き合っている我々です。

多少の困難は乗り切れるはずです。

今年も様々なことが起こり、楽しい事、うれしい事、悲しい事も、いろいろな問題の発生もあると思います。円安もそのひとつです。新聞にて今年は更なる円安が進んでいく旨の記事がありました。円安に負けることなく、対策をたて対応をして、さらなる前進をして参ります。そのためには、“明日は円高”ではありません。“今日が円高”と決断し、実行していかなければなりません。これも日本の四季との付き合い方と同じです。

 

今年もお取引先と一緒に努力し、頑張ってまいりたいと思います。

お取引先の皆様のご指導とご鞭撻を賜ります様お願い致します。

宜しくお願い申し上げます。

 

2015年1月5日

IMG_1941